日立物流が山口県下松市で鉄道車両の陸上輸送を日中実施

日立物流が山口県下松市で鉄道車両の陸上輸送を日中実施

日立製作所・笠戸事業所から徳山下松港下松第二埠頭まで

日立物流は7月18日、山口県下松市制施行80周年記念事業「道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト」で同14日に鉄道車両の陸上輸送を日中実施したと発表した。大型・重量物の鉄道車両は交通量の少ない夜間に行われるが、鉄道産業を地域PRの一つとしている同市の活動に協力したもの。同社が日中に鉄道車両を輸送したのは前回の2017年に続き2度目。

日立製作所・笠戸事業所から徳山下松港下松第二埠頭までの片道約2キロメートルを合計2両輸送。英国都市間高速鉄道計画向けに納入される。当日は沿道に約3万5000人の見学者が集まるなど盛り上がりを見せた。


日立物流のトレーラーによる陸送

沿道の様子
画像は日立物流ニュースリリースより

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

日立物流カテゴリの最新記事