新型コロナウイルス感染症への対応について

データ/調査

1/4ページ

【独自取材、新型ウイルス】日銀短観、運輸・郵便業はリーマンショック後以来の急速な景況感悪化

大企業は6年半ぶりのマイナスに 日本銀行が4月1日発表した3月の全国企業短期経済観測調査(短観)によると、企業の景況感を表した業種別の業況判断指数(DI)は運輸・郵便業が大企業で前回調査(2019年1 […]

【新型ウイルス】『荷動き指数』、リーマンショック後以来10年半ぶりの低水準に

日通総研調査、4~6月見通しはわずかに改善 日通総合研究所は3月30日、「企業物流短期動向調査」の速報値を公表した。 今年1~3月実績の国内向け出荷量『荷動き指数』は前期(2019年10~12月)実績 […]

主要事業所の「全面禁煙」実施割合、運輸・倉庫は9業種中2番目の低さ

帝国データバンク調査で判明、全体では2割強 帝国データバンクは3月24日、企業を対象とした喫煙に関する意識調査結果を公表した。 本社事業所や主要事業所で「全面禁煙」もしくは適切な換気がされている喫煙場 […]

【新型ウイルス】政府の景気判断、6年9カ月ぶり「回復」消え腰折れ鮮明に

コロナで震災以来の「厳しい状況」と強い警戒感 政府は3月26日、3月の月例経済報告をまとめた。景気の基調判断は「新型コロナウイルス感染症の影響により、足元で大幅に下押しされており、厳しい状況にある」と […]

【独自取材】“コロナショック”で急落の物流系Jリート、一転して買い戻し

産業ファンド、日本ロジファンドなど9銘柄がストップ高 3月23日の東京証券取引所では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う市場環境悪化のあおりを受けて投資口価格(企業の株価に相当)が急落していたJリート […]

【独自取材、新型ウイルス】物流系Jリートの投資口価格、“コロナショック”で全11銘柄が年初来安値

ピーク時から3~4割下落、急激に資金流出 世界的な新型コロナウイルスの感染拡大で経済への甚大な影響が懸念される中、東京証券取引所では安定した収益を挙げられる投資商品と認識されているJリートも、東証市場 […]

【新型ウイルス】荷主企業の3割強が海外からの調達・仕入れに遅れ、サプライチェーン混乱浮き彫りに

JILS緊急アンケート調査、物流企業も被害見込み大きく 日本ロジスティクスシステム協会(JILS)は3月18日、新型コロナウイルスの感染拡大が物流にどのような影響を与えているかに関し、荷主企業と物流企 […]

国内ドローンビジネス市場、25年度の物流は19年度から50倍超の797億円に拡大へ

インプレス総研が報告書、市場全体では6427億円と予測 ITに関するメディア事業を手掛けるインプレスのシンクタンク部門、インプレス総合研究所は3月17日、ドローン(無人飛行機)関連事業の市場規模を予測 […]

【独自取材】「ホワイト物流」、新たにJTや不二家などが賛同

丸全昭和運輸、ランテックも行動宣言を提出 国土交通省などは3月12日、政府が物流事業者や荷主企業と連携してトラックドライバーの就労環境改善などを目指す「ホワイト物流」推進運動の専用ウェブサイトで、同運 […]

1 4