日本通運、インドネシア・ジャカルタ向けスピード航空輸送サービスを発売

日本通運、インドネシア・ジャカルタ向けスピード航空輸送サービスを発売

羽田から積み込み、旧来よりリードタイムを2~3日短縮可能

日本通運は11月1日、日本発インドネシア・ジャカルタ向けのスピード航空輸送サービス「NEX-SPEED マッハ!ジャカルタ」を同日発売したと発表した。

羽田空港で午後7時まで荷物を受け付け、当日深夜のジャカルタ向けフライトを活用し、翌日中にジャカルタの近郊まで配達する。

同社が羽田空港内にフォワーダーとして唯一構えている国内・国際両方の貨物に対応可能な自社作業拠点(上屋)を利用。インドネシアでも同社現地法人が輸入通関を迅速に行うことで、同社の一般的な輸送よりリードタイムを2~3日短縮することに成功した。

上屋では、国内線で届けられた貨物をそのまま仕分けて国際線に積み込める。日本からの部材や試作品、工場設備品などの緊急輸送ニーズの獲得を目指す。


旧来サービスとのリードタイムの比較(日本通運プレスリリースより引用)※クリックで拡大
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

日本通運カテゴリの最新記事