新型コロナウイルス感染症への対応について

太平トレーディング取り扱いの防災用ポータブル蓄電池、日本GLPの物流施設17カ所に導入

太平トレーディング取り扱いの防災用ポータブル蓄電池、日本GLPの物流施設17カ所に導入

PIF製造、スマホ40台をフル充電可能

蓄電池や整水器の仕入れ・販売を手掛ける太平トレーディング(東京)は2月3日、PIF(横浜市)製防災用ポータブル蓄電池「エナジープロ EX(LB-400)」88台が、日本GLPのマルチテナント型物流施設17カ所に導入されたと発表した。

防災対応を強化したい日本GLPのニーズに合致した。テナント企業は停電の際も、非常用発電設備と合わせて蓄電池を利用することにより、パソコンやスマートフォンを同時に複数台充電できるようになる。

蓄電池はスマホ40台をフル充電できる蓄電容量400ワット時を備え、LEDライトも付いている。


「エナジープロ EX(LB-400)」(太平トレーディング提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事