LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

長崎・五島市がドローンの離島間物流実証へ

長崎・五島市がドローンの離島間物流実証へ

内閣府交付金を活用、委託事業者公募

 長崎県五島市は10月1日、ドローン(小型無人機)を活用した地域振興を目指す「ドローンi-Landプロジェクト」を実施すると発表した。

 その一環として、離島間の物流に用いる実証実験を展開。業務を委託する事業者の公募を同日開始、11月中旬をめどに正式決定する。

 プロジェクトは内閣府の地方創生推進交付金を活用。2022年度までの間、ドローンが操縦者の目視外ルートを飛行できるようにする気象観測システムの整備などを進めるとともに、島内でドローンと自動輸送車両などを組み合わせて、無人で荷物を住民に届ける実験を手掛ける。

 さらに風力発電設備のメンテナンスや海洋漂着ごみの調査などへドローンを応用することを検討するほか、同市へのドローン関連産業誘致も図る。

(藤原秀行)

長崎・五島市のドローン離島間物流実証実験(同市提供)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事