新型コロナウイルス感染症への対応について

ヤマト運輸、いすゞ製の中型EVトラックを宅配に導入

ヤマト運輸、いすゞ製の中型EVトラックを宅配に導入

小型に引き続き、神奈川・藤沢で1台試験稼働開始

ヤマト運輸は2月14日、いすゞ自動車が開発した中型の商用電気自動車(EV)トラック「エルフEVウォークスルーバン」を配送用に導入したと発表した。環境負荷軽減とEV普及への貢献を図る。

ドライバーが車から降りずに運転席から荷台へ移ることが可能な「ウオークスルー構造」を踏襲している。まずは神奈川県藤沢市で試験的にⅠ台を同日稼働させた。車両は総重量4・97トン、最大積載量1・85トン。

ヤマトは昨年11月にも、独DHL傘下のストリートスクーターと共同開発した小型商用EVトラックを宅配に投入する方針を表明していた。


「エルフEVウォークスルーバン」

運転席から荷台へ直接移動可能(いずれもヤマト運輸提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事