新型コロナウイルス感染症への対応について

ソフトバンクとJR西、自動運転・隊列走行バスを共同開発へ

ソフトバンクとJR西、自動運転・隊列走行バスを共同開発へ

複数車両が“電子連結”し円滑に移動、20年代半ばの技術確立目指す

ソフトバンクとJR西日本は3月23日、自動運転と隊列走行技術を活用した新たなBRT(バス高速輸送システム)を開発する「みんな(MI-NNA)の自動運転BRTプロジェクト」を共同で開始すると発表した。

複数の自動運転車両が専用道内で合流、隊列走行することを想定。各車両間は通信機能を用いて、物理的にではなく電子的に連結する計画だ。円滑な自動運転の実現を目指す。

JR西が滋賀県野洲市の自社保有地内にテストコースを設け、2021年度以降に実証実験を開始、20年代半ばに技術を確立したい考えだ。


新システムのイメージ(両社プレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

nocategoryカテゴリの最新記事