新型コロナウイルス感染症への対応について

ファーストリテとダイフクが物流自動化で戦略的連携

ファーストリテとダイフクが物流自動化で戦略的連携

最新鋭の物流システム開発・導入でタッグ

 ファーストリテイリングとダイフクは10月9日、物流分野に関する中長期的・包括的・戦略的なグローバルパートナーシップの構築に向けて合意書を締結したと発表した。

 ユニクロを擁する世界的ファストファッションブランドのファーストリテ、マテハンシステムで市場トップクラスのダイフクがタッグを組み、継続・安定かつ革新的な物流機能の提供を目指す。

 主な取り組みとして

①最新鋭の自動化設備導入(ファーストリテグループブランドの国内外における倉庫自動化に向けて世界最新鋭の自動化設備を開発・構築)

②特別チームの編成(倉庫自動化の計画・実行・メンテナンスを通じて一層優れた物流環境の創出)

②ワンストップの自動化設備導入を推進(設計・資機材および専門的人材の確保、建設・試運転を含む全過程における業務を一貫推進して最短での設備導入)

④物流システム開発の協働(自動化設備の生産性を最大化するため、これまでのコンセプトに捉われない新しい物流システムの開発を計画・実行)

――を挙げる。

 両社はファーストリテの有明倉庫(東京・江東区)における自動化プロジェクトで信頼関係を築くとともに、イノベーションから社会貢献を図る共通の企業文化を保有。双方の豊富な実績とノウハウによって物流システムの改革・改善を図り、より早く商品が届けられる革新的・画期的な物流システムの構築を追求していく。

(鳥羽俊一)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事