新型コロナウイルス感染症への対応について

ZMP、搬送ロボットなど複数の機器連携させるクラウドベースの管理システム提供開始

ZMP、搬送ロボットなど複数の機器連携させるクラウドベースの管理システム提供開始

パレットの自動積み降ろし可能に、エレベーターや自動ドアと連動し異なるフロア移動も

ZMPは6月30日、同社の台車型搬送ロボット「CarriRo(キャリロ)」シリーズや無人フォークリフト「CarriRo Fork(キャリロフォーク)」などの各種機器と、外部のエレベーターや自動ドアなどとを連動、管理できるシステム「ROBO-HI ロジマネ」の提供をクラウドベースで開始したと発表した。

WMS(倉庫管理システム)やバース管理などの外部システムとはAPI連携が可能。システムを活用することで、ZMP製の無人フォークリフトと台車型搬送ロボット、無人けん引車を組み合わせたパレットの自動積み降ろしを実現したり、キャリロシリーズがエレベーターやリフター、自動ドアと連動して自由に異なるフロアを行き来したり、WMSやデジタルピッキングシステムと連携させてキャリロシリーズをピッキング対象商品のところへ自動的に移動させたりすることができるようになるという。


無人フォークリフトと台車型搬送ロボットの連携(ZMPプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事