新型コロナウイルス感染症への対応について

中国最大手の物流機器メーカーEP社、コイケの東京事業所内にショールーム開設へ

中国最大手の物流機器メーカーEP社、コイケの東京事業所内にショールーム開設へ

日本市場に本格参入、電動パレットトラックなど提供

包装資材販売や輸出梱包などを手掛けるコイケ(東京都品川区北品川)はこのほど、中国最大手の物流機器メーカー「EP Equipment」の日本法人と共同で、コイケ東京事業所(東京都大田区東海)新館3階にEP社の製品を取り扱うショールームを11月5日に新設すると発表した。

EP社は1993年創業。設計・開発から製造、販売まで一貫して自社内で手掛ける体制を構築し、世界80カ国で自社ブランドの製品販売やOEM(相手先ブランドによる製造)を展開している。日本市場にもコイケの力を借りて本格的に参入する。11月5~11日の間、予約制で開所会を開く予定(土日は除く)。

ショールームでは簡単なトレーニングで誰でも操作できるようになる「電動パレットトラック」や「電動ピッカー」、安全を最優先した高性能の「リン酸鉄系リチウムイオンバテリー」などを提供する予定。


EP社の電動パレットトラック。年間1500台の販売を目指すという(以下、いずれもコイケ ウェブサイトより引用・クリックで拡大)


EP社の製品ラインアップ

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事