新型コロナウイルス感染症への対応について

ANA、ピーチと貨物便の共同運航を11月開始へ

ANA、ピーチと貨物便の共同運航を11月開始へ

旅客便激減受け、需要高まりに対応

ANAホールディングス(HD)は10月28日、傘下の全日本空輸(ANA)とANA Cargo、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが11月1日から貨物便を共同運航(コードシェア)すると発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で旅客便の運航が激減し、貨物輸送スペースも減っているため、貨物輸送需要が高まっているのに対応する。旅客輸送の不振を補う狙いもある。ANAとピーチが共同運航し、貨物スペースの販売はANA Cargoが担当する。

エアバスA320型機の貨物スペースを利用し、まず福岡発那覇行きを1日2便、福岡発札幌・新千歳行きを1日1便それぞれ運航。国内貨物を扱う。12月1日以降は成田~関西を1日3往復6便、成田~新千歳を2往復・4便など展開し、国際貨物の国内輸送を担う「保税転送」を実施する。

来年2月1日以降は関西発新千歳行きの1日1便、関西発那覇行きの1日2便などを追加する。将来は国際線の貨物事業参入も視野に入れている。


ピーチ・アビエーションの機体(ANAHDプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事