メルマガの配信元アドレスが変更となりました

米GMが商用EVの新ブランド設立、21年末までに電動バン発売しフェデックスに提供へ

米GMが商用EVの新ブランド設立、21年末までに電動バン発売しフェデックスに提供へ

配送用台車も開発、ラストワンマイル配送市場に照準

米ゼネラル・モーターズ(GM)は1月12日、商用電気自動車(EV)の新ブランド「BrightDrop(ブライトドロップ)」を設立すると発表した。

第1弾として、電動の配送用台車「EP1」を2021年初頭に発売する。最大約90キログラムの荷物を載せ、配送スタッフが歩くスピードに合わせて配送先の玄関まで運搬する。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

21年末までには商用の電動バン「EV600」を市場に投入する計画。1回のフル充電で最長約400キロメートル走行できる見通し。21年中にまずフェデックスへ納入し、22年以降はラストワンマイル配送を担う物流事業者やEC事業者にも販売する予定。

GMは25年までに米国のラストワンマイル配送市場は8500億ドル(約90兆円)を超えると予想しており、環境意識の高まりも踏まえて商用EVに注力する構えだ。


商用のEVバン(GM提供・クリックで拡大)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事