メルマガの配信元アドレスが変更となりました

近鉄と福山通運、大阪~名古屋間で貨客混載・当日配送を7月1日開始

近鉄と福山通運、大阪~名古屋間で貨客混載・当日配送を7月1日開始

名阪特急の空きスペース活用

近畿日本鉄道と福山通運は6月28日、近鉄が大阪難波~近鉄名古屋間で運転する名阪特急「アーバンライナー(next・plus)」を使用した貨客混載事業について、大手民間鉄道で初めて、同日付で国土交通大臣から物流総合効率化法に基づく総合効率化計画の認定を受けたと発表した。

貨客混載は既に公表していた。福山通運は、翌日以降の配送が主流だった大阪市内~名古屋市内間で7月1日に当日配送サービス「福山グリーン便」を開始する。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

同事業は、近鉄としては列車の空スペース(旧車販準備室)を有効利用して運送するため新たな投資を必要とせず、収益を生み出せるのがメリット。福山通運にとっては自動車運送業の担い手不足解消やCO2排出量の削減、SDGs(持続可能な開発目標)実行につながり、同区間の当日配送が安価で提供できるようになるのが魅力だ。



(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事