メルマガの配信元アドレスが変更となりました

セブン&アイ、横浜の大和ハウス開発物流施設にネットスーパー用センター開設へ

セブン&アイ、横浜の大和ハウス開発物流施設にネットスーパー用センター開設へ

3・6万平方メートル賃借、23年春稼働開始予定

セブン&アイ・ホールディングスは7月2日、グループのラストワンマイル配送対応を強化するため、横浜市都筑区で2023年春に「イトーヨーカドーネットスーパー新横浜センター(仮)」を開設すると発表した。

イトーヨーカ堂が運営するインターネットスーパーの新拠点として、近隣のイトーヨーカドー約30店舗の配送エリアと、同センターから約30キロメートル圏内を配送エリアとする大型拠点。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

イトーヨーカ堂のネットスーパーは2001年にサービスを開始、年々利用が広がっているため、物流インフラを拡充する。今後はグループの拠点としてセブン-イレブン店舗での商品留め置きや受け取りロッカーの設置拡大なども試行していく予定。

新センターは横浜市都筑区で大和ハウス工業が開発を進めている物流施設の1~3階に入居する。賃貸面積は3万6456平方メートルの予定。


新センターが入る物流施設の外観イメージ(セブン&アイプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事