メルマガの配信元アドレスが変更となりました

JR貨物、23年3月運行開始予定の九州向け交直流電気機関車を公表

JR貨物、23年3月運行開始予定の九州向け交直流電気機関車を公表

銀色ベースの新デザイン、「レッドサンダー」愛称は継承

JR貨物は10月15日、九州向けEF510形式交直流電気機関車「ECO-POWER レッドサンダー」301号機の運行を2023年3月に始める予定と発表した。メーカーからの出場は今年12月16日を計画している。

同社は01年以降、EF510形交直流電気機関車の製作を開始。本州の日本海縦貫線や東海道線、山陽線の貨物列車牽引に投入している。

現在、九州で運行しているED76形式交流電気機関車とEF81形式交直流電気機関車に代わり、EF510形式を導入することを決定。九州向け量産先行車1両(301号機)の製作を進めている。

今回製作するEF510形式は本州で運行しているものとは異なる仕様を採用。「JR貨物グループ長期ビジョン2030」で掲げた「グリーン社会の実現」の価値を提供するため、貨物鉄道輸送における消費電力削減に向け、交流回生ブレーキを装備する。

併せて、車体の塗装を変更し、従来のEF81形式(303号機など)で親しまれている銀色をベースとしながら「ECO-POWER レッドサンダー」の愛称を継承したデザインにする。


デザイン(JR貨物プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事