メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ファミマ、東京・霞が関の経産省内店舗にTelexistence製飲料陳列ロボット導入

ファミマ、東京・霞が関の経産省内店舗にTelexistence製飲料陳列ロボット導入

24時間体制、従業員のバックヤード負荷軽減

ファミリーマートと遠隔操作・AIロボットの開発を手掛けるスタートアップ企業のTelexistence(テレイグジスタンス、TX)は11月2日、東京都千代田区霞が関の経済産業省内のファミマ店舗に、飲料を自動的に陳列するロボット「TX SCARA」を導入したと発表した。

作業負荷が大きいバックヤード内で飲料の補充を24時間体制で行う。通常時はTXが開発した独自のAIシステム「Gordon」が自動制御。陳列に失敗した際は遠隔操作に切り替えて対応する。

Gordonは店舗の過去の販売実績データを学習し、時間帯や季節によって変化する商品の売れ筋を考慮して「TX SCARA」の陳列タイミングを最適化。店舗の従業員は売り場を離れることなく、接客業務などより付加価値の高い業務に取り組めるようになると見込む。


「TX SCARA」(ファミリーマート提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事