画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

メルロジ、実店舗で商品発送時に梱包代行の実証実験開始

メルロジ、実店舗で商品発送時に梱包代行の実証実験開始

22年3月末まで、手数料300円

フリーマーケット(フリマ)大手のメルカリは12月24日、傘下で物流サービスの企画・開発・運営を行うメルロジが、「メルカリステーション」10店舗で、梱包代行サービスの実証実験を同日開始したと発表した。

梱包の手間を省くことでフリマの利用を促進できるかどうかを見極める。店舗は東京と神奈川、埼玉、兵庫、福岡の5府県。

2022年3月31日まで(一部店舗は1月31日まで)の期間中、フリマで売れた商品を発送する際、1個当たり梱包資材の費用を含め手数料300円で提供(送料は別途必要)。メルカリを初めて使う人は初回に限って無料で利用できるようにしている。

「らくらくメルカリ便」を使って発送する場合のみを対象とし、支払いは「メルペイ」による決済に限定する。梱包可能なのは3辺の合計が160センチメートル以内の商品。


(メルカリプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事