商船三井ロジスティクス、メキシコ法人が新倉庫開設

商船三井ロジスティクス、メキシコ法人が新倉庫開設

日系自動車業界などの需要取り込み目指す

 商船三井ロジスティクスは1月8日、メキシコの現地法人が同国の中央高原バヒオ地区に昨年12月、新たな倉庫を開設したと発表した。併せて、イラプアト支店の事務所を同倉庫内に移転させた。


新倉庫の外観(商船三井ロジスティクス提供)

 同地区は日系の自動車メーカーや自動車部品メーカーが多数進出している。今後も旺盛な倉庫需要が期待できるため、拠点を整備して既存の物流センターと連携、ニーズの取り込みを目指す。

 新倉庫は倉庫部分の面積が2127平方メートル。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

商船三井ロジスティクスカテゴリの最新記事