画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

センコーGHD、関西電力と連携しグループ拠点間で太陽光発電を融通

センコーGHD、関西電力と連携しグループ拠点間で太陽光発電を融通

大阪・泉南のセンターで発電開始、3カ所実施は日本初

センコーグループホールディングス(GHD)は3月15日、大阪府泉南市で新たな物流拠点「センコー泉南PDセンター」を開設したと発表した。

センコーGHDが建設し、傘下のセンコーへ貸し出す物流施設賃貸物件の第1号。関西電力と連携し、太陽光パネルで発電した電力の余剰分をセンコーグループの施設間で融通する自己託送も開始する。


センコー泉南PDセンターの外観(センコーGHDプレスリリースより引用)

センコーGHDは新センターを手始めに、センコーグループがより高品質かつ低コストで物流サービスを提供できる物流施設の賃貸事業を展開。提供する物件はデザイン性のある外観で、従業員が心地良く過ごせる休憩スペースを設置するなど、働きやすい環境づくりに腐心している。

新センターは阪神高速道路の泉佐野南ICから約5キロメートルに位置。大阪中心部をはじめ兵庫、奈良、和歌山などの関西圏広域をカバーできる配送拠点として活用できると見込む。関西国際空港からは約12キロメートルで、国際貨物の輸出入拠点としても強みのある立地。洪水や土砂災害、津波ハザードマップの危険エリア外にあり、BCPにも対応している。

施設所有者が敷地や屋根などのスペースを発電設備の設置場所として提供し、発電事業者が運用・保守を担いながら現地で生み出した電力を施設利用者へ供給するPPAモデルを採用。屋上全面に設置した太陽光パネル(682.5キロワット)で新センターの使用電力を賄いながら余剰分の自己託送を実施する。発電と自己託送は4月1日に開始する予定。

自己託送先は兵庫県内でセンコーが構えている物流施設2カ所とグループ会社の寺内(大阪市中央区)が大阪市内で運営する商業施設1カ所を予定している。グループ間の複数企業をまたぐ3拠点へ自己託送するのは国内で初めてという。物流領域で脱炭素が強く求められているのに対応する。


太陽光自家消費PPAモデルと自己託送の流れ(センコーGHDプレスリリースより引用)

<センコー泉南PDセンターの概要>
所在地:大阪府泉南市北野2-4-2
建物構造:SRC造 地上6階建
敷地面積:18,172㎡
延べ床面積:33,955㎡
倉庫面積:28,846㎡
設備:両面バース36台分、クライミングレベラー1台、ドックレベラー5台、非常用自家発電設備(260KVA)、太陽光パネル、移動ラック
貸主:センコーグループホールディングス株式会社

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事