画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

みずほリース、世界初のEVタンカーに関するセール&リースバック案件契約を締結

みずほリース、世界初のEVタンカーに関するセール&リースバック案件契約を締結

旭タンカーと、環境配慮型船の実用化をファイナンスで支援

みずほフィナンシャルグループ系のみずほリースは4月1日、旭タンカーと、タンカーとしては世界初となるゼロエミッションEV(電動)船「あさひ」に関するセール&リースバック契約を締結したと発表した。

3月30日にみずほリースがあさひの所有者となり、旭タンカーへのリース(裸傭船)を開始した。ファイナンスの面から環境配慮型船の実用化を支援する。

あさひはEV船開発を手掛けるe5ラボが企画し、興亜産業(香川県丸亀市)が建造、2022年3月30日に竣工した大容量リチウムイオン電池を動力源とするピュアバッテリータンカー。4月から舶用燃料供給船として東京湾内に就航する。

あさひは基幹エネルギーシステムを完全電化し、CO2やNOx(窒素酸化物)、SOx(硫黄酸化物)、煤煙などの排出を抑制するゼロエミッション化を達成して環境負荷を大幅に低減するとともに、騒音や振動を抑えることで乗組員の労働環境と港湾周辺環境に配慮している。

加えて、「緊急時給電用洋上大容量バッテリー」として、船内のバッテリーに貯めた電気(一般的な電気自動車約100台分相当)を非常用電源として陸上で活用し、大規模災害時におけるBCP対策や地域LCP(生活継続計画)の貢献につながる新たな役割も担う計画。


あさひ竣工の様子(みずほリース提供)

<本船仕様>
(1)寸法:全長 62.00m / 全幅 10.30m / 型深さ 4.70m
(2)船級:ClassNK(日本海事協会)
(3)積載貨物:舶用燃料(重油)
(4)総トン数:492トン
(5)速力:約10ノット(時速18.52km)
(6)タンク容量 :1,277㎥
(7)推進装置 :川崎重工業株式会社製 川崎バッテリーシステム アジマススラスター 300kw×2基 / サイドスラスター68kw×2基
(8)バッテリー容量:3,480kwh

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事