画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

MONO Technologies、企業が抱える余剰在庫をフリマ出品代行する新サービス開始

MONO Technologies、企業が抱える余剰在庫をフリマ出品代行する新サービス開始

商品知識備えた「マカセラー」が担当、再循環促進図る

個人を対象としたフリーマーケット出品代行サービス「マカセル」を手掛けるMONO Technologies(東京都港区東新橋)は4月5日、企業が抱える余剰在庫のフリマ出品を代行する「マカセル for B」の提供を同日始めたと発表した。

サービスサイト:https://makasell.studio.site/

マカセルはフリマ出品需要と新型コロナウイルス禍で高まった在宅ワーク需要を掛け合わせ、個人間でフリマ出品代行のやり取りができる仕組み。2020年6月にリリースし、現在は2万人を超える代行依頼者と約2500人の出品代行者「マカセラー」が登録しており、様々なジャンルの物が出品代行されている。

近年はアパレルなどの商品在庫が大量に積み上がり、多くが廃棄されることなどが問題化している。そこで同社は法人もサービス対象とし、余剰在庫の問題解決に貢献したい考え。

出品開始から2カ月経って売れなかった商品については、一律10円で買い取る。商品知識を備え、オークションやフリマアプリを販売経路に持つマカセラーが取り扱いを担当することにより、フリマ出品が新しい在宅ワークの形となるようにすることを目指す。

●新サービスの流れ

●取り扱いジャンル

(藤原秀行)※画像はMONO Technologies提供

nocategoryカテゴリの最新記事