画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

JR貨物と三井不が東京・品川の貨物ターミナル駅構内で開発の大規模物流施設2棟目完成★続報

JR貨物と三井不が東京・品川の貨物ターミナル駅構内で開発の大規模物流施設2棟目完成★続報

17.4万㎡、共同プロジェクト2件目

JR貨物と三井不動産は7月22日、東京都品川区八潮で大規模な物流施設「東京レールゲートEAST」が竣工したと発表した。

東京貨物ターミナル駅構内に位置し、地上5階建て、延床面積は17万4404平方メートル、賃貸面積(専有部)は14万7014平方メートル。両社が共同開発した物流施設は、同じく東京貨物ターミナル駅構内に位置し、2020年3月に営業を開始した「東京レールゲートWEST」に続いて2件目。

「東京レールゲートEAST」は首都高速道路湾岸線の大井南ICから約1.3キロメートル、羽田線の平和島ICから約2キロメートル、東京港国際コンテナターミナルから約1.5キロメートル、羽田空港から約35キロメートル。陸・海・空それぞれの物流の結節点として機能できる立地となっている。首都圏の半径20キロメートル圏をカバーできるとみている。

ヤマト運輸、ナカノ商会、近鉄ロジスティクス・システムズが既に入居を決めており、満床稼働となる。

両社は東京貨物ターミナル駅で大型物流施設2棟を建てるプロジェクトを進めており、「東京レールゲートEAST」の竣工でプロジェクトが完結した。鉄道貨物駅と連結し、迅速かつ着実に全国へ荷物を届けられる利便性の高い物流施設を顧客に提案。鉄道貨物の利用促進で物流領域からの温室効果ガス排出削減への貢献も目指す。

JR貨物としては、「東京レールゲートWEST」、大和ハウス工業と共同で札幌市の札幌貨物ターミナル駅構内に建設し今年6月に営業をスタートした「DPL札幌レールゲート」に続いて3件目の物流施設となる。

「東京レールゲートEAST」内で同日、記者会見したJR貨物の真貝康一会長「今後は全国でレールゲート(ブランドの物流施設)を展開し、鉄道と他の輸送モードとのシームレスな物流ネットワークの実現と強靭化、モーダルコンビネーションの推進に貢献していきたい」と語った。

三井不動産の三木孝行専務執行役員ロジスティクス本部長は「日本一の立地の場所に日本一のスペックの物流施設が竣工した」と自信を見せた。


「東京レールゲートEAST」の外観(両社提供)


手前側の右が新たに竣工した「東京レールゲートEAST」、左が「東京レールゲートWEST」。奥側は東京貨物ターミナル駅(両社提供)

「東京レールゲートEAST」は倉庫の天井高5.5メートル、シャッター下は4.0メートル(車路は4.5メートル)を確保。事務所は全フロアで約3.5メートルを採用し、開放的な執務空間となるよう配慮した。

倉庫1階北側は冷蔵庫(5度)対応エリアと冷凍庫(マイナス20度)対応エリアを設けるほか、北側のバースは12フィートコンテナ用フォークリフトが乗り入れられる仕様を施すなど、多様なニーズに応えられるよう努めている。

カフェテリアや各階へのベンダー室、外部にドライバー用の休憩室をそれぞれ設置。働きやすい環境を整えている。

BCP対応として、1階倉庫フロアは東京湾平均海面から7.45メートルに設定し、高潮・津波発生時の浸水の可能性を低減。接している都道316号線より高い地盤面に建設している。免震装置を取り入れているほか、一部フロアに72時間電気供給が可能な非常用発電設備、マンホールトイレも準備している。

屋上には1750キロワットの太陽光発電設備を採用、共用部で年間に必要な電力の6割程度を賄い、1年当たり1495トンのCO2排出削減を目指す。EV(電気自動車)用の充電スタンドやシェアサイクル用ポートも取り入れ、環境負荷低減に努める。


先に竣工した「東京レールゲートWEST」が至近に位置


貨物ターミナル駅も至近


広い庫内


明るい雰囲気のカフェテリア


エントランス


各階のエレベーターホールでコンテナのミニチュアたちがお出迎え

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事