画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

寺岡精工と食品業界向けロボット開発のコネクテッドロボティクスが資本・業務提携

寺岡精工と食品業界向けロボット開発のコネクテッドロボティクスが資本・業務提携

製造ラインの自動化後押し

POS(販売時点情報管理)レジや包装機、高速ラベラーなどを手掛ける寺岡精工と食品産業向けのロボット開発・販売を手掛けるコネクテッドロボティクス(東京都小金井市)は12月1日、資本・業務提携したと発表した。

双方の技術を組み合わせ、食品製造ラインの自動化を後押しする機器を開発、生産性向上への貢献を目指す。出資額など資本提携の詳細は開示していない。

寺岡精工は流通小売、食品製造、ロジスティクス、飲食・専門店の4事業分野に注力。一方、コネクテッドロボはソフトクリームやそば、フライドポテトなどを作るロボットを飲食店向けに、検品や盛り付けなどを担えるロボットを食品工場向けにそれぞれ提供している。

今後は食品製造ライン全体を自動化できるような新たなソリューションを開発していく方針。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事