画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

三菱ふそう、リモートオフィスに使える小型トラックのコンセプト車両発表

三菱ふそう、リモートオフィスに使える小型トラックのコンセプト車両発表

「キャンター」 のシャーシの汎用性と多様な用途の可能性を提示

三菱ふそうトラック・バスは12月6日、小型トラック「キャンター」をリモートオフィスとして利用できるように改造したコンセプト車両「NOMADPro CANTER(ノマドプロ・キャンター)」を公開した。

「自然が持つ癒しの力を活用すること」をコンセプトとした「NOMADPro CANTER」は、移動式の快適な仕事場を提供し、リモートワークの新しい生活様式を例示することを意識している。

「NOMADPro CANTER」は同社がパブコやDream Driveと共同で製作した。国内外で多岐にわたる用途で活用されている「キャンター」のウィング架装で2輪駆動のモデルをベース車両として使用。リモートワークを車内で快適に行える設備を備え、車両の新たな活用の可能性を提示している。

可動式で簡単に収納できるテーブルとベンチを設置し、2人が働けるワークステーションとなる。他にも可動式のベッドのほか、キッチン、洗面台やシャワールームも装備し、仕事を終えた後には車内で休憩や寝泊りができる。コンパクトな空間ながら、車両右側のウィングをフルオープンにすることで開放感も得られ、仕事を行う際にも身近に自然を感じられるという。

「NOMADPro CANTER」は今後、同社の公式デジタルチャンネルに掲載するほか、自動車展示会への出品、関東エリアでのロードツアーなどを2023年に予定している。コンセプト車両のため、一般の発売や受注の予定はないという。


「NOMADPro CANTER」コンセプト車両。広々とした竹のデッキでくつろげるよう配慮している


日本の伝統的なデザインを取り入れ、畳スタイルの座面や石庭をイメージした埋め込みタイルなどの自然素材を使い、ストレスフリーな環境も実現


落ち着きを感じさせる天然素材と柔らかい照明で快適な空間を表現(いずれも三菱ふそうトラック・バス提供)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事