安川電機が作業接近性を高めたアームロボット発売

安川電機が作業接近性を高めたアームロボット発売

上腕部の中空化で艤装ケーブルの内蔵が可能に

安川電機は6月25日、作業接近性を向上させた多用途適用型ロボットの新たなラインアップとして「MOTOMAN-GP20HL」を同20日から販売を開始したと発表した。


安川電機ニュースリリースより

可搬質量は20キログラム、最大リーチが3124ミリメートルのロングアームタイプのロボットで、上腕部の中空化によって艤装ケーブルの内蔵を可能にしたのが特徴。これにより周辺設備とのケーブル干渉を気にせず使用することができる。


安川電機ニュースリリースより

自動車や機械関連部品などのシーリング用途や部品の搬送・組み立て、ロードアンロードなど多様な分野の自動化に対応。世界各地域で異なる電圧、安全規格に応じた新型ロボットコントローラー「YRC1000」と合わせて使用することでパフォーマンスを最大限に引き出せる点もポイントとしている。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事