メルマガの配信元アドレスが変更となりました

豊田自動織機、工場構内で「ローカル5G」展開の実証実験に着手

豊田自動織機、工場構内で「ローカル5G」展開の実証実験に着手

22年めどに導入目指す

豊田自動織機は4月9日、地域限定の次世代高速大容量通信規格「ローカル5G」を工場で展開するための実証実験に着手したと発表した。

豊田自動織機ITソリューションズ、ケーブルテレビを運営するキャッチネットワークと連携。キャッチネットワークのデータセンターにローカル5Gの主要装置を設置し、豊田自動織機情報技術研究所「e-Lab」(愛知県刈谷市)と豊田自動織機の高浜工場(同県高浜市)でネットワークに接続。工場内で自動運転フォークリフトやAGV(無人搬送ロボット)が円滑に利用できるかどうかなどを見極める。

ローカル5Gを活用して構内物流の自動化・省人化を図りたい考えだ。2021年中をめどに有用性を確認、22年から高浜工場に導入し、高精度で安全な自動運転技術の開発を目指す。


ローカル5G導入の概要(豊田自動織機ウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事