安川電機が耐環境性を高めた人協働型ロボットの販売開始

安川電機が耐環境性を高めた人協働型ロボットの販売開始

自動車・機械部品・食品・薬品などの搬送で効果を発揮

安川電機は7月9日、人協働型ロボットの新ラインアップ「MOTOMAN-HC10DT防じん・防滴仕様タイプ」を販売開始したと発表した。ちり・ほこり・液体などの混入による故障やトラブルを防ぐことで、過酷な作業環境への導入と安定稼働を実現。自動車・機械関連部品などの搬送・組み立て、工作機械へのワーク投入、食品や薬品・化粧品などの搬送を主な用途に挙げる。可搬質量は10キログラム、最大リーチは1200ミリメートル。

深刻化する労働力不足を背景にロボットを用いた生産性向上、製造コスト削減が強く求められていることと並行して、安全柵を必要としない人と並んで作業ができる協働型ロボットを活用した省スペースでフレキシブルな生産ラインの構築が期待されている。

今製品では標準仕様の「MOTOMAN-HC10DT」と比べて耐環境性を大幅に向上。またロボット先端部にコネクターを設置したことでハンドなどのツールを直接取り付けることが可能となり、セットアップ時間の短縮など利便性も高めた。さらに表面にアクリルウレタンを塗装して先端フランジの材質にはステンレスを採用。衛生面への配慮から水洗いが必要な用途にも使用できる。


※画像はいずれも安川電機ニュースリリースより

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事