新型コロナウイルス感染症への対応について

オープンロジ、クラウドベースのWMSに作業管理システムの機能を追加

オープンロジ、クラウドベースのWMSに作業管理システムの機能を追加

スタッフの作業時間など細かなデータを蓄積、可視化で業務効率改善後押し

中小EC事業者らの物流業務を包括的に支援するオープンロジは5月14日、クラウドベースで利用可能なWMS(倉庫管理システム)「OPENLOGI Platform Connect」で、新たにLMS(作業管理システム)の機能提供を開始したと発表した。

LMSで庫内作業の進捗状況などを可視化、作業スタッフの作業時間といった細かいデータを蓄積・分析できるようにし、オペレーションの効率改善を後押しする。人員配置の最適化などにもつなげられると見込む。同社はWMSの差別化につながると期待している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事