ZMP、海外展開を本格化

ZMP、海外展開を本格化

中国と韓国、ベトナムに拠点設立発表

自動運転技術開発のZMPは7月25日、海外展開を本格化させると発表した。

中国と韓国、ベトナムにそれぞれ現地法人を設立。物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」シリーズの販売・メンテナンスや宅配ロボット「CarriRo Deli(キャリロデリ)」の市場投入などを進める計画。

このうち中国は同国の国立研究所で自動運転などの研究を手掛けるJie Chen氏らと合弁会社設立で基本合意。韓国はロボットメーカーのT-ROBOTICSとそれぞれ合弁会社を設置した。ベトナムでも現法を開設した。

将来は各国で独自のロボットを開発することを視野に入れている。


ベトナム現法開設(ZMPプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事