アスクル、ヤフーへの株売り渡し請求決定を延期

アスクル、ヤフーへの株売り渡し請求決定を延期

8月1日の臨時取締役会開催取りやめ

アスクルは7月31日夜、ヤフーとの資本・業務提携解消に向け、同社にアスクル株の売り渡しを請求する方針を決める予定だった8月1日の臨時取締役会を取りやめると発表した。

アスクルは、ヤフーが7月31日に「もしアスクルの企業価値をヤフーより向上できる株式の譲り受け希望者がいる旨のアスクル取締役会からの打診があれば、当該第三者の話を伺うことを拒否するものではない」と表明したことを引用。「当社との将来的な資本提携解消を否定するものではなく、今後両社協議によって、資本関係解消の道を否定しない意思表示があった」との認識を示した。

また、8月2日にアスクルが開く定時株主総会で、ヤフーから岩田彰一郎社長と独立社外取締役3人の再任反対に伴う後任取締役候補の緊急動議を提出する意向が現時点でないと確認できた点などを列挙。引き続きヤフーの姿勢や動向を注視していくことが適当と考えられるなどとして、臨時取締役会での審議を中止したと説明している。

同時に「今回の審議延期は当社株式売り渡し請求権の将来的不行使を意味するものではなく、当社として同権利の放棄をするものではない」と強調した。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事