JR貨物の大型物流施設「レールゲートWEST」、グループの日本運輸倉庫が入居へ

JR貨物の大型物流施設「レールゲートWEST」、グループの日本運輸倉庫が入居へ

総合物流サービス提供目指す

JR貨物は8月8日、東京・品川の東京貨物ターミナル駅で開発している同社初のマルチテナント型物流施設「東京レールゲートWEST」に関し、グループで倉庫事業を手掛けている日本運輸倉庫(東京)と建物賃貸借の予約契約を結んだと発表した。

同施設は地上7階建て(倉庫は2~6階)、賃貸借面積は4万3291平方メートルを計画しており、2020年2月の完成を見込む。

JR貨物は「日本運輸倉庫が入居することで、倉庫床の不動産賃貸だけでなく、東京レールゲートと鉄道コンテナ輸送を組み合わせたJR貨物グループ一丸となった総合物流サービスの提案が可能になる」と強調している。

同駅で併せて開発計画を進めている「東京レールゲート EAST」(賃貸面積約13万7000平方メートル、22年8月完成予定)と合わせて2棟で東京湾岸エリア最大級の物流施設とする予定だ。


「東京レールゲートWEST」の完成イメージ(JR貨物資料より引用)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

JR貨物カテゴリの最新記事