アルフレッサとヤマト、調剤薬局向けの在宅医療支援サービスを共同開発

アルフレッサとヤマト、調剤薬局向けの在宅医療支援サービスを共同開発

栄養食品などを宅配便で配達、在庫不要に

医薬品卸大手アルフレッサとヤマト運輸は9月26日、調剤薬局向けの在宅医療支援サービスを共同開発したと発表した。

ヤマトWebソリューションズ(東京)が運営しているクラウド型のITシステムを介し、調剤薬局の薬剤師がタブレット端末などを使い、患者から受注した栄養食品などのデータを登録。情報共有したアルフレッサが当該商品を出荷するとヤマトロジスティクス(同)が届け先ごとに梱包、自宅や介護施設などへヤマト運輸が宅配で届ける。

患者は希望する場所で迅速に希望した品物を受け取ることが可能となる。調剤薬局も医療用医薬品以外の品物については在庫を持つ必要がなくなり、業務負荷軽減が期待できる。

両社は今年1月、少子高齢化や社会保障費増加といった喫緊の課題を踏まえ、医薬品をより効率的かつ安定して医療機関や調剤薬局に供給できる体制の確立を目指し、「医薬品流通研究会」を設立。今回の新サービスは成果の第1弾となる。

今後はアルフレッサが全国の調剤薬局にサービスの利用を働き掛けていく。取り扱う商品の種類もニーズを踏まえながら順次増やしていく予定。


サービスの概要※クリックで拡大


タブレット端末の画面イメージ(いずれもヤマト運輸プレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事