大和ハウス工業、大阪・茨木で5・8万平方メートルのマルチ型物流施設の工事開始

大和ハウス工業、大阪・茨木で5・8万平方メートルのマルチ型物流施設の工事開始

最大4テナント入居可能、40人受け入れの保育所も併設へ

大和ハウス工業は9月30日、大阪府茨木市でマルチテナント型物流施設「DPL茨木」の工事を10月1日にスタートすると発表した。同社が大阪でマルチ型案件を手掛けるのは初めて。

地上4階建て、延べ床面積は5万8154平方メートル、賃貸面積は5万245平方メートル。最大4テナントの入居が可能な設計とする。2020年11月末の完成、同12月1日の稼働開始を見込む。

名神道の吹田JCTから約1・8キロメートルで、関東や中部、九州へのアクセスに強みを持つのが特徴。阪急京都線や大阪モノレールの南茨木駅から徒歩約13分と通勤圏内にあり、労働力確保にも優位性がある。

全体で10トントラック44台分のバースを導入。最大40人の子どもを受け入れられる従業員専用の保育所を併設し、働きやすさの向上にも努める。


「DPL茨木」の完成イメージ(大和ハウス工業提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

大和ハウス工業カテゴリの最新記事