画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

霞ヶ関キャピタル、大阪・茨木で2.7万㎡の3温度帯対応物流施設を開発へ

霞ヶ関キャピタル、大阪・茨木で2.7万㎡の3温度帯対応物流施設を開発へ

用地確保、24年秋冬竣工見込む

霞ヶ関キャピタルは5月20日、大阪府茨木市で新たな物流施設の開発用地を取得したと発表した。

自社ブランド「LOGIFLAG(ロジフラッグ)」で3温度帯対応の物流施設を建設することを想定しており、敷地面積は約1万5200平方メートル。公表ベースで13カ所目となる。

延べ床面積は2万7100平方メートルを予定しており、2023年の夏から秋に着工、24年の秋~冬に竣工する見通し。

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事