新型コロナウイルス感染症への対応について

ラサール不動産投資顧問 活動状況(20191011更新)

ラサール不動産投資顧問 活動状況(20191011更新)

首都圏・関西圏でポートフォリオの8割を構成

物流施設開発担当部署名/担当者数

担当部署名
物流営業部
担当者数
非公開

累積開発実績

総保管面積(=賃貸可能部分)
延床面積 約230万㎡
※開発予定を含む延べ床面積
マルチテナント型施設数
非公開
BTS型施設数
非公開
その他
非公開

開発実績エリア

非公開

開発対応可能エリア

首都圏 近畿圏 中部圏 北海道 東北 北陸 中・四国 九州・沖縄

海外の開発/投資実績および投資計画

実績あり 計画あり 検討中 計画なし
米国、英国、フランス、中国、香港、韓国、シンガポール、オーストラリア等での開発・投資実績あり

冷凍/冷蔵施設の開発実績および開発計画

実績あり 計画あり 検討中 計画なし

中長期的な開発/投資方針

大型施設(延べ床面積1万坪=約3.3万㎡以上)に限定 大型施設がメーン 大型と中・小型が半々程度 中・小型がメーン 中・小型に限定

中長期的な新規開発:既存物件取得の比率

開発に限定 開発がメーン 開発と既存物件取得を半々程度 既存物件取得がメーン 既存物件取得に限定

総運用資産額/総運用施設数

総運用資産額
全世界で684億ドル(2019年6月末現在)
運用施設数
非公開
※開発中物件含

近年のトピック

2018年9月 マルチテント型物流施設「ロジポート尼崎」取得
2019年6月 三菱地所、NIPPOとの共同開発による国内最大級のマルチテナント型物流施設「ロジポート川崎ベイ」竣工
2019年7月 神戸市で物流施設開発用地を取得
2019年8月 OOCLロジスティクス・ジャパン向け物流施設「OOCL ロジスティクス新守谷」竣工
2019年9月 BTS型物流施設「(仮称)AZ-COMロジスティクス京都」着工

当面の事業戦略

首都圏と関西圏中心に物流施設のニーズが高く、この2つの商圏でポートフォリオの8割ほどを占めている。消費に関わる物流向けの施設がほとんどで、ECの利用拡大で配送の高頻度化・小口化がますます進むと考えており、消費地に近い都市部で物流施設を整備し、提供していくことが重要と考えている。

入居テナント

業種 割合(%)
日用品・雑貨 非開示
家電・通信 非開示
食品 非開示

リスクと対策

物流を担う人手の不足が引き続き課題だと考えているが、テナント企業の省人化・機械化のニーズを汲んだ施設開発を進めている。8月に竣工した「OOCLロジスティクス新守谷」では、テナント企業のOOCLロジスティクス・ジャパンが最新ロボティクスを導入している。導入に当たっての要望を聞き入れながら開発を進め、業務効率化に貢献できる施設になったと考えている。また、「ロジポート川崎ベイ」では通勤用バスを運行しているほか、その他の施設でも従業員向け駐車場の確保、休憩室・売店・シャワー室・コインランドリーを充実させるなど、テナント企業の従業員にとって快適な環境を提供している。

物流不動産市場 主要プレーヤー一覧へ戻る

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

nocategoryカテゴリの最新記事