日本通運、岩手・北上で2500平方メートルの新倉庫完成

日本通運、岩手・北上で2500平方メートルの新倉庫完成

定温運用可能、半導体産業のニーズ獲得目指す

日本通運は10月15日、岩手県北上市で新たな拠点「北上3号倉庫」が完成したと発表した。

平屋建てで延べ床面積は2458平方メートル、ひさし部分は365平方メートル。床面は1平方メートル当たり5トンの耐荷重を実現しており、重量品の保管にも対応する。東北道の北上江釣子ICから4キロメートル弱と北東北エリアを広くカバーできる見込み。

同社は現行の中長期経営計画で、半導体産業を重要産業の1つに位置付けている。北上地域は半導体関連産業が集積しているため、空調設備を完備し、定温運用が可能な新拠点をフルに活用して、同産業の物流ニーズを着実にとらえていきたい考え。


「北上3号倉庫」の外観(日本通運プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

日本通運カテゴリの最新記事