人手不足の施設管理など3分野のロボット活用促進へ官民「タスクフォース」設置

人手不足の施設管理など3分野のロボット活用促進へ官民「タスクフォース」設置

トヨタ自動車やソフトバンク、三菱地所など参加、19年度末めどに社会実装モデル公表

経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は11月12日、人手不足が深刻化している施設管理や小売り・飲食、食品の3分野でロボットの活用を促進するため、官民による「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」を設置したと発表した。

2019年度末をめどに、3分野ごとにロボットを本格的に活用するモデルを取りまとめ、公表する予定。経産省などはロボットが人手不足を早急にカバーしていけるよう、各モデルを広くアピールしていく構えだ。

メンバーは経産省とNEDOのほか、ロボットユーザーの立場からイオンやがんこフードサービス、キユーピー、スシローグローバルホールディングス、トヨタ自動車、パナソニック、パルコ、JR東日本、ファミリーマート、本田技術研究所、三菱地所、森トラスト、ロイヤルホールディングス、ロイヤルホールディングスの14社が参加。

ロボットを開発するシステムインテグレーターなどからは、青山学院大やFAプロダクツ、QBIT Robotics、ソフトバンク、TechMagic、東海大、東洋機械製作所、日本ユニシスの8者が名を連ねている。



三菱地所が今年5月に建物内利用の実証実験を行った運搬ロボット「Marble(マーブル)」

関連記事:【動画】三菱地所が東京・丸の内のオフィス街で自動運搬ロボ実証実験

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事