オムロン、250キログラムまで自動搬送可能なロボットを全世界一斉発売

オムロン、250キログラムまで自動搬送可能なロボットを全世界一斉発売

シリーズ最大重量に対応可能、上部面積は2倍に拡大しかさ物も搭載

オムロンは11月15日、250キログラムまで自動搬送が可能なロボット「LD-250」を同日、全世界で一斉発売したと発表した。

同社のロボット「LDシリーズ」では搬送重量上限がこれまでの130キログラムを大きく上回り、最大となる。ロボット上部の面積は従来の約2倍に広げ、大型の自動車部品などの重量物やかさが張る物でも搭載できる配慮している。

同社は業界初の搬送重量(ペイロード)が異なるモバイルロボットを1つのシステムで制御可能にした「フリートマネージャ」と組み合わせれば、より柔軟で最適な自律搬送が可能になると説明している。最大で100台を同時に制御できるという。

ロボット上部にはコンベヤーや搬送容器など、取り扱う品物に応じてカスタマイズできるほか、カメラを使って自動的に位置を把握するなどの機能もオプションとして準備している。


「LD-250」(オムロン提供)※クリックで拡大
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事