ラサール、日本の物流施設など対象の私募コア新ファンド運用開始

ラサール、日本の物流施設など対象の私募コア新ファンド運用開始

4大都市圏、資産規模は24年までに3倍の3000億円目指す

ラサール不動産投資顧問は11月18日、親会社のラサール インベストメント マネージメントが日本の不動産を対象としたオープン・エンド型の私募コアファンド「ラサール・ジャパン・プロパティ・ファンド」の運用を同15日に始めたと発表した。

新ファンドは組成に際し、大手機関投資家などから約600億円のエクイティ出資に関するコミットメントを獲得。オープン・エンド型私募ファンドとしては日本で過去最大規模という。国内の大手金融機関を軸としたシンジケートローンも含めるとスタート時に総額で約1000億円の資産を組み入れている。

資産は日本の4大都市圏に位置する物流施設など主要4アセットを対象に投資し、資産規模を2022年までに2000億円、24年までに3000億円へ拡大させる計画だ。海外投資家からの投資を募ることも検討している。

ラサール不動産投資顧問のキース藤井社長は「本ファンドの組成により、グループ会社が運用する上場物流リートのラサールロジポート投資法人と合わせて、日本国内不動産のコア運用基盤を強化することとなった。オポチュニスティック型運用商品とともに、国内外投資家の幅広いグローバル不動産投資ニーズに応える体制を一層強化する」とコメントしている。

関連記事:【独自取材】ラサール不動産投資顧問・キース藤井社長、優良な物流施設投資に意欲
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

nocategoryカテゴリの最新記事