クックパッド、生鮮食品ECの受け取り可能な専用宅配ボックスを保育施設に展開へ

クックパッド、生鮮食品ECの受け取り可能な専用宅配ボックスを保育施設に展開へ

第1弾は東京・渋谷、共働き世帯などの買い物負荷軽減図る

クックパッドは11月21日、生鮮食品を取り扱っているインターネット通販「クックパッドマート」に関し、複数のユーザーが共用できる宅配ボックス「マートステーション」を従来のマンションなどに加え、新たに保育施設にも展開していく方針を発表した。

第1弾として、東京・渋谷の「渋谷東しぜんの国こども園」に導入、園児の保護者向けにサービスを始める。子どもをお迎えに行く際、商品を受け取ることが可能になるため、共働き世帯などの買い物の負荷を軽減できるとみている。

クックパッドマートは2018年9月にサービスを開始。1品から送料無料で当日集荷・配送を提供しており、現在は東京23区内と横浜、川崎の両市で展開している。


宅配ボックスの利用イメージ


「スマートロック」で利用者だけが開錠可能(いずれもクックパッドウェブサイトより引用)
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事