カンダHD、配送用EV導入を決定

カンダHD、配送用EV導入を決定

ワゴン車5台と2トントラック2台、近距離小口の荷物からスタート

カンダホールディングス(HD)は11月28日に公表した株主向けの2019年度第2四半期決算報告書の中で、新たな環境対策として、配送用EV(電気自動車)の導入を決めたことを明らかにした。

これまでにもNGV(天然ガス自動車)やハイブリット車を活用しており、EVは手始めにワゴン車5台、2トントラック2台を導入する。

同社は「近距離の小口配送業務などから運行を開始し、次なる環境対策車としての実用性を検証していく」と話している。


導入を決めたEVのイメージ(カンダHD報告書より引用)※クリックで拡大
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

nocategoryカテゴリの最新記事