日本電産、米ロボット関連企業を買収

日本電産、米ロボット関連企業を買収

AGVの開発力強化狙う

日本電産は12月4日、子会社の日本電産モータを通じ、米国でモーターを制御する超低電圧ドライブの設計・開発・販売を手掛けるロボテック社の株式90%を取得して買収、子会社化したと発表した。買収額は開示していない。

ロボテックの2019年12月期の売上高は前期比3割増の940万ドル(約10億1500万円)を見込む。

超低電圧ドライブはAGV(無人搬送車)に用いられる。日本電産もAGVのサーボモーターなどの部品製造を担っており、ロボテックの技術を取り入れてAGV部品の開発力を高めたい考え。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事