オープンロジ、PayPayモールとAPI連携

オープンロジ、PayPayモールとAPI連携

出店者に在庫管理や発送などの一元管理を追加料金なしで提供

中小EC事業者らの物流業務を包括的に支援するスタートアップ企業のオープンロジは12月25日、ヤフーが運営しているECサイト「PayPayモール」とAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を介して連携したと発表した。

オープンロジは既にヤフーが手掛ける「Yahoo!ショッピング」の出店者向けにも2018年からAPI連携のサービスを展開している。PayPayモールでも同じく、出店する事業者がオープンロジの在庫管理や発送などの一元管理サービスを追加料金なしで利用できるようになる。

オープンロジは倉庫会社と提携し、空きスペースを活用して入庫から保管、発送までを割安で提供する物流プラットフォームを運営。これまでに5000以上の事業者が導入している。


API連携のイメージ(オープンロジプレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事