商船三井ロジ、タイで親会社から物流事業継承

商船三井ロジ、タイで親会社から物流事業継承

サービス内容拡充し多様なニーズ獲得図る

商船三井ロジスティクスは1月20日、タイの現地法人MOLロジスティクス(MLGタイ)が、親会社の商船三井のタイ現地法人MOLタイから同国内の物流・通関部門を継承すると発表した。

MLGタイは1993年設立。国際航空・海上フォワーディングを軸に事業展開してきており、MOLタイの事業を受け継いで提供できるサービスのメニューを拡充。多様な物流ニーズの獲得を図る。

商船三井ロジは「鋼材やケミカルなどの特殊輸送にも対応できるように400台規模の自社フリートを整備し自社で運行、世界26カ国、126拠点をカバーする海外ネットワークに加えて地域に密着した専門性の高いサービスメニューを加えることで、高品質の物流サービスをお客さまに提供する」と事業承継の狙いを説明している。


自社トラックによるタイのサービス(商船三井ロジスティクスプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事