新型コロナウイルス感染症への対応について

スパイラル・キャピタルが物流領域のスタートアップ企業対象ファンドを新設、セイノーも出資

スパイラル・キャピタルが物流領域のスタートアップ企業対象ファンドを新設、セイノーも出資

70億~100億円規模、プラットフォーム構築など支援想定

※セイノーホールディングスもプレスリリースを出したので内容を一部差し換えました

ベンチャーキャピタルのスパイラル・キャピタル(東京)とセイノーホールディングス(HD)は1月27日、新たに物流領域のスタートアップ企業を投資対象とするファンド「Logistics Innovation Fund(ロジスティクス・イノベーション・ファンド)」を組成したと発表した。

セイノーHDがアンカーのLP(リミテッド・パートナー)、スパイラル・キャピタルがゼネラルパートナー(GP)を務めており、金融機関などにも投資を呼び掛ける予定。ファンドの規模は70億~100億円を見込む。セイノーHDの具体的な投資額は開示していない。

新ファンドは軸になる投資テーマとして①物流周辺領域における新たなプラットフォーム②既存物流業務のプロセス改善③荷主層の拡大――を設定。

支援の対象は創業間もない「アーリー」から事業が軌道に乗り始めた「ミドル」、株式公開を視野に入れている「レイター」までの段階のスタートアップ企業を想定しており、1件当たりの平均投資金額はアーリーが1・5億円、ミドルとレイターは各2・5億円を目安にしている。

セイノーHDは「最先端技術やビジネスモデルを有するスタートアップ企業との共創をさらに加速させ、物流業界全体のバージョンアップと課題解決を推し進める」とコメントした。

スパイラル・キャピタルは併せて、インターネットやテクノロジー領域全般をカバーする別のスタートアップ企業支援ファンドも創設した。


昨年12月に実施したファンド創設記念撮影に臨む(左から)スパイラル・キャピタルの奥野友和社長、セイノーHDの田口義隆社長、スパイラル・キャピタル傘下のスパイラル・イノベーション・パートナーズの岡洋(代表パートナー)(セイノーHDプレスリリースより引用)


スパイラル・キャピタルのメンバーら(同社提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事