アスクル、独立社外取締役候補4 人を発表

アスクル、独立社外取締役候補4 人を発表

ヤフーとプラスが再任反対で空席に、3月13日の臨時株主総会経て就任へ

アスクルは2月5日、新たな独立社外取締役の候補4人を選出したと発表した。

のぞみ総合法律事務所パートナーの市毛由美子弁護士、インターネットでの大衆薬販売を手掛けるケンコーコム(現楽天)創業者の後藤玄利氏、麗澤大の髙巌教授、元IHI副社長の塚原一男氏。3月13日に開く臨時株主総会を経て正式に就任する見通し。

アスクルの独立社外取締役は2019年8月の定時株主総会で、筆頭株主のヤフー(現Zホールディングス)と第2位株主のプラスが当時の岩田彰一郎社長と独立社外取締役3人の再任に反対、否決されたため空席となっていた。今回の候補4人については、ヤフーとプラスは現時点ではともに賛成するとみられる。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事