新型コロナウイルス感染症への対応について

丸和運輸機関、埼玉・松伏町に20万平方メートルの大型食品物流センター建設へ

丸和運輸機関、埼玉・松伏町に20万平方メートルの大型食品物流センター建設へ

総投資額400億円、同社最大規模の拠点に

丸和運輸機関は3月10日、埼玉県松伏町で新たな食品物流センターの建設用地約11万6000平方メートルを取得すると発表した。

契約は今年10月に締結し、2022年3月期中に引き渡される予定。取得額は約76億円、建築費用を含めると400億円程度を見込む。借入金と自己資金を充てる計画。

新センターは産業団地の整備事業地に位置し、建設面積は約20万7000平方メートルを計画している。

同社は「最新設備を有する当社グループで最大規模の物流センターを設置する予定であり、都心へ30キロメートル圏内との良好なアクセスを生かすとともに、首都圏の大規模災害時などにおける食料などの供給基地としての役割も担うことのできる、総合食品物流のプラットフォーム構築を目指す」と説明している。

(藤原秀行)※写真はイメージ、丸和運輸機関資料より引用

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事