メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日通、国内航空貨物の物流現場にウェアラブルスキャナーを導入

日通、国内航空貨物の物流現場にウェアラブルスキャナーを導入

ハンズフリー実現、照合機能で誤仕分け防止も可能

日本通運は4月24日、国内航空貨物の物流現場にウェアラブルスキャナーを導入すると発表した。

仕分け作業の際、小型で軽量のスキャナーを手に装着したまま、ハンズフリーでスキャンすることが可能。スキャナーには作業店で実施する貨物追跡情報の登録や照合の機能も持たせており、現場での人的ミスによる誤仕分けを未然に防ぐ。



導入するハンズフリーのウェアラブルスキャナー(日本通運提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事