新型コロナウイルス感染症への対応について

ANAHDとエアロネクスト、市街地で物流担えるドローンを共同開発へ

ANAHDとエアロネクスト、市街地で物流担えるドローンを共同開発へ

常に水平保てる技術など活用、早期の量産化目指す

ANAホールディングス(HD)とエアロネクストは5月20日、市街地で物流を担えるドローン(無人飛行機)の共同開発に向け業務提携したと発表した。

政府は2022年度に都市部でドローンによる荷物配送の実現を目指す考えを示している。ANAHDが持つ航空機の安全運航などのノウハウと、エアロネクストが得意とするドローンが常に水平を保って飛行できる技術「4D GRAVITY」などを組み合わせ、重量物を搭載しても長距離を安全に飛行可能な独自の機体を生み出すことを目指す。

両社は20年度中をめどに物流用ドローンを共同開発した上で、国内外のドローンメーカーとも連携して早期の量産化を図る。


物流ドローン「Next DELIVERY」の最新試作機


「Next DELIVERY」最新試作機の荷物部分。機体が傾いても水平を保てるようになっている(いずれもエアロネクストプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事