新型コロナウイルス感染症への対応について

ESR、神奈川・茅ヶ崎で6・9万平方メートルの物流施設を開発へ

ESR、神奈川・茅ヶ崎で6・9万平方メートルの物流施設を開発へ

21年6月末完成予定、圏央道ICに近接

ESRは6月1日、神奈川県茅ケ崎市でマルチテナント型物流施設「ESR茅ケ崎ディストリビューションセンター(DC)」を開発すると発表した。

地上4階建て、延べ床面積は6万9306平方メートルを計画。最大6テナントに分割することが可能。2021年6月末の完成を見込む。


「茅ケ崎DC」の完成イメージ

開発するのは茅ケ崎市が区画整理事業のために整備した用地内。圏央道の寒川南ICから約500メートルと至近で、新東名道の厚木南ICまでは約8キロメートル。首都圏全域や東海・関東地方へのアクセスにも強みを持つ。

スロープで3階まで直接トラックで乗り付けられるほか、2・4階に荷物用エレベーターを導入、オペレーションの効率性を重視した設計を採用する。荷物の積み卸し用トラックバースは、1階に建物南北両面バース設計で計39台分、3階は建物北面片面バース24台分をそれぞれ設置する。フロアは最小区画として2472坪から提供できる。

ESRの基本理念「HUMAN CENTRIC DESIGN.(人を中心に考えたデザイン)」に基づき、4階に休憩室を1カ所完備して働きやすさを確保するとともに、普通車176台分(3台は身障者用)、自転車 61台分の駐車スペースを備え、通勤の利便性もサポートする。

BCP(事業継続計画性)ニーズを重視し、非常用自家発電機や耐震構造を取り入れるほか、キュービクル式高圧受電設備などを床面より約1・6メートルかさ上げし、津波や豪雨に備える。

新施設はESRとして全国で24件目、神奈川県内では3件目の着工したプロジェクトとなる。


「茅ケ崎DC」周辺地図(いずれもESR提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事